Top >  競馬の知識 >  馬場を勉強すること

馬場を勉強すること


競馬のレースを学ぶにあたって、競馬場における馬場の状態という物を知っておくべきです。
サッカーや野球などの屋外スポーツほとんどに言える事なのですが、このような競技は天候によってかなり環境が変化します。
競馬もまた、例外ではありません。

レースを行う場所、つまり競走馬が走るコースの事を【馬場】と言いますが、この馬場の状態はその日の天候などによって大きく変動するのです。
そうなれば、馬によって得手不得手が発生するのは仕方ありません。
どの馬がどんな馬場を得意としているかという事は、ある程度競馬の知識がついてくると少しずつ情報として入ってきます。
同時に、それを知らないと、倍率や前評判だけで馬券を購入して失敗してしまうという事に繋がります。
馬場の状態はいつもチェックしておかなくてはなりません。

馬場には、大きく分けて四段階の状態があります。
これらは馬場の水分を含んでいる量によって決まってきます。
晴れた日が続き、乾いた状態の場合は『良』となり、馬が一番走りやすい、同時に一番実力が正直に出やすい馬場となります。
少し雨が降った場合、あるいは昨日や一昨日に雨が降った場合に、馬場には若干の水分が含まれますが、その際には『稍(やや)』という段階になります。
これはやや重い状態ですが、繊細な馬でない限りは走りに変化は現れません。

次に、当日にある程度の雨が降っている場合は、『重』となり、馬場がぬかるんでいる状態となります。
こうなってくると、ほとんどの馬の走りに影響を受けます。

ジョッキーにとっても、なかなか腕を見せられない状態です。
そして、最も水分を含んだ状態です、どしゃ降り状態の場合は『不』となります。
こうなると、馬の実力差とは関係なく、雨を得意としている馬が圧倒的に有利になります。

→ 無料の競馬予想情報はこちら

競馬の知識

関連エントリー

競馬予想ソフトを活用しよう GIレースを覚えましょう 有名騎手をチェックすること 伝説の名馬について インターネットから情報を集めよう スポーツ新聞で情報を集めよう どの項目を重視すべきか 競馬の必勝法は情報集めにあり 馬券の種類 オッズを学ぼう 馬柱(うまばしら)でさらなる情報を 出馬表の見方を覚えよう オッズを学ぼう 競馬場へ行くメリットとデメリット 競馬場はエキサイティングな場所 馬場を勉強すること レースの種類 競馬の基礎を知ろう 競馬はただのギャンブルじゃない


スポンサードリンク
ランキング
  • SEOブログパーツ